プラチナについて

婚約指輪のリングに一番よく選ばれる素材は、プラチナです。

プラチナがなぜ人気があるのか、婚約指輪としてふさわしい理由についてご紹介したいと思います。

まずプラチナの色ですが、天然の白い輝きをもっています。

そして何年つけていても、変色の心配はありません。

ですから永遠に色が変らず美しい輝きを保つことが出来き、永遠の愛のように変ることがないので、婚約指輪にプラチナが選ばれています。

またプラチナは、希少性が高い貴金属です。

限られた国でしか採掘されていません。

また1トンの石からプラチナは3gしか取れないので、本当に貴重であることが分かるでしょう。

このように、プラチナが採れるのは、奇跡のような確率で、それはまるで二人の出会いと結婚も奇跡であることから、プラチナリングを婚約指輪にしている人は多いようです。

またプラチナの別の特徴として、プラチナは他の貴金属よる比重が重くて適度な重みがあることです。

これはプラチナの純度が高いからです。

実際、プラチナジュエリーとして認められているのは、プラチナの含有量が85%以上あるもので、実際につけてみると手にしっくりとくるはずです。

このように高純度の貴金属であるということで、お互いを想う気持ちが純粋である二人にぴったりの貴金属といえるでしょう。

このようにプラチナは、永遠に白色で変ることなく、そして希少性が高く、また高純度であることから、婚約指輪に人気の貴金属となっています。

そのほかにもこんな金属が・・・アクセサリーの金属の種類 | 女性を美しく彩るアクセサリー