ダイヤモンドについて

婚約指輪についているダイヤモンドは、4Cの基準で評価をしていきます。

まず「CARAT」の重さについてご紹介しましょう。

カラットとは、宝石の重さの単位で、1カラットは0.2グラムになります。

カラット数が大きければ、ダイヤの価値も高く、値段も高くなります。

次に「COLOR」色についてですが、ダイヤモンドは、黄色がかっているものもあれば、無色のものもあります。

ダイヤにとって質のよいものは、無色です。

無色に近ければ近いほど、価値が高くなります。

色の濃さにより等級が分かれていて、全部で23段階あるようです。

そして「CLARITY」透明度ですが、これも透明であればあるほど、価値は高くなります。

しかし、ダイヤモンドも天然石なので、中に内包物と言って黒い鉱物が入っていることがあります。

また空気が入っていてそれが傷に見えることもあります。

それらがダイヤモンドの透明感に影響を与えることがあり、10倍のルーペを使い、ダイヤモンドの透明度の等級分けをしていきます。

等級は11段階に分けられています。

最後に「CUT」カット、研磨についてご紹介しましょう。

ダイヤモンドの輝きを最大限に引き出すには、カットの技術が大切になってきます。

研磨と仕上がり具合で5ランクに評価され分けられます。

婚約指輪のダイヤモンド選びには、最高のレベルのものを選ばなくても、肉眼で傷が見えず、透明感があり、色も無色に近く、大きさもそれなりに存在感があれば、十分ステキなものを選ぶことが出来ると思います。