婚約指輪の定義と歴史

婚約指輪とは、結婚の約束の証に男性から女性に贈るもので、エンゲージリングとも呼ばれます。

大抵は、ダイヤモンドをあしらった指輪が多いようです。

では、婚約指輪セオリーとはどんなものでしょうか?
ここで婚約指輪の歴史をひも解いてみましょう。

古代ローマまで時間はさかのぼりますが、この時代は結婚というものは当人同士のものだけでなく、家同士が関係していて、婚約が決まったなら、家同士の契約を結ぶと同じことでした。

そしてその契約の印として、婚約指輪を贈るようになったのが、きっかけのようです。

しかし当時の婚約指輪は、今のようなダイヤモンドがついているわけではなく、「鉄」の指輪が用いられていたようです。

というのは、鉄は強さを表すもので、強い信頼の結びつきを意味していたからです。

そして時間は流れ、2世紀になると婚約指輪に「金」が使われるようになりました。

そしてリングに自分のイニシャルを刻むということも行なわれるようになりました。

さらに時が流れ9世紀になりますと、教皇ニコラス一世が、
「婚約発表をするときには、必ず婚約指輪を用意すること」
という命令を出し、しかも経済的な犠牲を払ってでも用意すべき高価なものであるべきという伝統を作り上げました。

15世紀になると、婚約指輪にダイヤモンドが選ばれるようになりました。

そして19世紀待つには、プラチナのリングが選ばれるようになります。

このような歴史的流れにより、今の婚約指輪の定番「ダイヤモンド」と「プラチナ」が生まれるようになりました。